おひとりさまにおすすめ!うさぎの飼育方法

犬猫に負けない人気のペットであるウサギ

ペット用動物といえば犬と猫がダントツの人気があります。
それに次ぐ第三の動物として、不動の人気となっているのがウサギです。

ウサギは古くからペット用として人間とともに生活をしてきた歴史のある動物であり、おとなしく可愛らしい様子は見ているだけでとても心を癒やしてくれます。

ウサギをペットにするメリットとしては、犬の用に毎日散歩につれていく必要がなく、また猫のように爪や牙で攻撃的な行動をとることがないということです。

鳴いたり吠えたりすることもなく、トイレもあちこちに撒き散らすことがないので非常に飼育がしやすいと言えます。

とはいえ、おとなしいウサギもストレスがかかる環境で飼育をしていては寿命を短くしてしまったり、ストレスから激しく動き回ったり攻撃をしてきたりしますので、丁寧に環境作りをしてあげましょう。

ちなみに現在ペット用として流通しているのは「カイウサギ」と言われる、ヨーロッパにもともと生息していたアナウサギを飼いやすいように品種改良したものです。

カイウサギは日本ではペット用として飼育されていますが、アメリカやヨーロッパなどでは食用や毛皮用として使われていることもあります。

カイウサギの中にも約200種類もの品種があり、体のサイズや模様、毛並み、耳の形などによって区別をされています。

衛生面に気をつけたいウサギのケージ内

ウサギを飼育する時に準備するグッズとしてはまず、ケージ、床材、餌入れ、給水器、巣、トイレがあります。

ウサギは体の大きさに対してそれほど大きなケージでなくてもよいですが、できるだけ体が自由に動けるスペースを作ってあげるようにしましょう。

もともと穴の中で生活をしてきたウサギは、身を隠せる穴のようなところがあると安心して入ることができます。

とはいえ巣穴は必ずしもなければいけないものではありませんので、ケージ内に余裕があるときにつけてあげるのがよいでしょう。

ウサギは草食動物なので餌は専用に販売されている草や牧草、または市販されている野菜類が中心になります。

ただしこうした草は毎日用意するのはかなり大変でコストもかかるので、市販されているドライフードを使用してもよいでしょう。

また食器や水入れは重くて丈夫なものを使用しましょう。
というのも狭いケージ内を動き回るウサギはどうしても食べ残しをひっくり返してしまいやすく、それが体について不衛生な状態が起こってしまうからです。

食べ過ぎや飲み過ぎがあるとそれがもとで健康を損ねてしまうこともあるので、できるだけ残りがない分量で餌を出したり、一度に沢山出ない給水器を使用するなど工夫をしてあげてください。