おひとりさまと動物カフェ

ペットが飼えない人にとてもおすすめの動物カフェ

猫カフェが全国的に一大ブームになって以来、非常にたくさんの動物を放し飼いにする動物カフェが営業されるようになりました。
代表的なところを挙げてみると、猫カフェの他フクロウカフェやうさぎカフェ、鳥類カフェなどといったものがあります。

さすがに珍しい動物のカフェは地方ではそうそう運営していませんが、東京都内~神奈川県内くらいの範囲では相当数のカフェが存在しています。

動物カフェのよいところは、一人暮らしで賃貸に住んでいるような自由にペットを飼ったり世話をしたりといったことができない人にも気軽に動物たちと触れ合う機会が得られるという点です。

中でも特に人気が高いのはペット人気が急上昇している猫カフェで、全国数多くの猫カフェが接客を担当してくれる「看板猫」のことをSNSなどで発信しています。

猫カフェなどの動物カフェを利用している人の多くは一人での来店です。
場所によっては一人で訪れる女性をナンパする目的で訪れる男性を防ぐために、女性限定にしているところもあります。

動物カフェで出会いがあるケースもないわけではありませんが、基本的には一人で好きな動物とコミュニケーションをとる場所というふうに思っておいた方がよいでしょう。

はじめての動物カフェデビュー

既に一つのジャンルのサービスとしてその地位を獲得している感のある動物カフェですが、まだまだ「いつか利用したいと思っているけれども利用方法がわからなくて不安」という理由からなんとなく手控えている人もいることと思います。

そこでこれから動物カフェを初めて利用するというおひとりさまのために、一般的な利用の手順を以下に説明していきます。
動物カフェの多くは猫カフェでのサービスを元にお店のシステムを作っていますが、場所によっては扱う動物の特殊性のため特別なルールを儲けていることもあるのでそのあたりは利用前に個別に確認をしてください。

猫カフェを利用する場合、まず最初に電話予約をします。
これは内部にいる猫と利用者との人数バランスの関係で人数制限をしなければならないためです。
平日の昼間など人が少ない時間帯ならもしかしたら飛び込みでも入れてくれることがあるかもしれませんが、動物を相手にするというサービスの特性上きちんとした身元確認が先に必要になります。

初めて利用するときには、利用前に会員登録のための手続きをすることもよくあるので免許証など身分証明書になるものを持っていくとともに余裕を持ってお店に行きましょう。

料金は時間+ワンドリンク・飲食代として請求されることになっています。
時間内であればお店の中にいる動物たちに触れたり、おもちゃで遊んだりできます。