おひとりさまと美術館

都内の有名美術館を一人で極める

東京都内には世界的に貴重な美術品を数多く保有している有名美術館が数多く存在しています。
中でも世界遺産に登録されたことで一躍有名になった国立西洋美術館は、内部の美術品だけでなく建物そのものが大きな美術作品と言ってもよいくらいです。

都内にある有名美術館は他にも東京美術館や国立新美術館、東京国立近代美術館、東京都庭園美術館など数え上げればキリがないと言ってもよいほど存在しています。

有名美術館はデートスポットとしても有名ではありますが、一方で一人でも十分に楽しめる場所でもあります。
普段から美術作品に興味があるという人ならもちろんのこと、あまり美術に興味がないという人も本物の芸術作品に触れる機会を作ることにより新たな趣味を開拓するきっかけになります。

いきなり高尚な美術作品を見てもよくわからないという人であっても、上野の森美術館や東京都現代美術館などでは比較的近年に有名になった芸術作品をとりあげたイベントを多く行っているので、漫画やアニメから美術品を鑑賞するというのも一つの方法です。

自分のペースで美術館をめぐる楽しさ

一人で美術館を訪れる最大のメリットは、自分のペースで作品を鑑賞することができるということです。
美術館の内部では基本的に会話が禁止されているので、カップルや友人同士で行ってもその中でコミュニケーションをとるということはできません。

人気のあるイベントでは有名な作品の前にたくさんの人だかりができてしまうということもよくあるので、お互いに気を使って見たい作品を十分に時間をかけてみるということができなかったりもします。

美術館の楽しみ方は特定の順路に従ってそのまま流れ作業のように作品を見て回るということだけでなく、気になっていた作品を何度も見返したり、別の角度や距離から見るというところにあります。

基本的に美術館では最初に入場料を払って内部に入ることで退出をするまで何度回っても構わないというシステムになっているので、最初入ったときには人が多すぎて見れなかった作品も何度か戻って見直すということが可能です。

一人で美術館を利用するときにぜひやってもらいたいのが、イヤホンで聞けるガイドの利用です。
イヤホンガイドは国内観覧者だけでなく外国人観光客向けにも提供されているサービスで、耳に入れながら順路を回ることによりその作品についての詳しい説明を受けることができます。

イヤホンでのアナウンスは有名アナウンサーや有名声優が担当しているということもよくあり、そうした人たちの声で説明を受けながら作品を見るという楽しみは一人で訪れたときならではのものです。

美術館のイベントや展示作品は時期によってかなり異なるので、公式サイトや情報サイトをもとに休日の行き先の選択肢の一つとして付け加えてもらいたいです。