おひとりさまの貯金

おひとりさまはどれくらい貯金をしておくべき

おひとりさまとして老後も生活していく場合、老後の生活資金も用意しておく必要があります。
今から準備しておかないと、老後になってからとても大変な想いをすることになってしまうので、ぜひ対策を練っておきましょう。

どのくらいの金額を用意しておけば良いかですが、65歳からを老後として考えて、2000万円ほどは貯めておきたいところです。
これは年金などの収入があると仮定しての場合で、年金が将来もらえなくなるのではと考えられている今の時代では、もう少し貯金しておく方がより安心と言えます。

今の生活だけでもかなり一杯なのに、老後のために2000万円というと途方もない数字に見えてきます。
ひと月に1万円貯金できたとして12万円、それが30年続くと360万円となりますが、老後の資金としては大きく足りません。
そのため、どのようにして老後に備えていくかをリアルに感じる必要があるのです。
多くの方が何とかなるだろうとあまり深く考えずに過ごしてしまっていますが、とても大切な問題なのです。

老後のために今からどうするか

こうして老後に必要な資金が把握できたら、今から貯金の準備をしていくことが大切です。
現在あまり貯金ができていないという方も、何かにはお金を使っているはずです。
まずはここから見直しをするようにしましょう。
ムダ使いしていると感じるお金があれば、それを貯金に回すようにします。
ムダを省くだけでも大きく出費を削減することができ、意外と貯金できる金額があったと気付くこともあるはずです。

30歳以上になると段々と収入が高くなる方も多いです。
ひと月に5万円貯金できたとすると年間で60万円の貯金になり、30年かけて貯金をすると1800万円となります。
これで老後のための貯金がある程度目処が付くことになります。
ただし、これは老後の生活のためだけの貯金です。
他にも必要になる費用は人それぞれ沢山あるので、それも合わせて考えておく必要があるのです。

節約や副業を考えてみる

会社の収入だけでは貯金が上手くできないと思ったら、副業を検討してみるのも良いでしょう。
休日を利用して副業をする方も最近は増えていますし、合わせて節約をすることでより貯金の額を増やすことができます。
こうしてリアルに金額を感じることで今取るべき行動も変わってくるので、ぜひ他人事と思わずに一度今後のシミュレーションをしてみることをおすすめします。

ただ、大きな金額に途方に暮れて落ち込む必要はありません。
しっかりと対策と準備をしていくことで老後も生活をしていくことは十分できます。
今のうちから色々な勉強などもして、知識を増やしていきましょう。